【20%OFF】 マワサレヒメ -白濁の記憶- 24時間:4位トータル販売数 2,749 お気に入り登録者数:2,927人 配信開始日: 2017/08/04 10:00 ゲームジャンル:アドベンチャー(学園のアイドルがシェアされるADV『超・多人数プレイ特化型NTR』) 題材:オリジナル

画像クリックで作品ページに飛びます!!

マワサレヒメ -白濁の記憶-マワサレヒメ -白濁の記憶-

【僕の妻は学園のアイドルで、肉便器だった】 失われた過去。狂った学園で巻き起こる痴戯の嵐。 『リンカノ』を上回る 超・多人数プレイ特化ADV。

■ 本作の特色 ■・学園のアイドルが学園中の男たちに狙われる!・二穴三穴は当たり前。10人や20人の男たちを相手に終わらない饗宴が繰り広げられる!・クラスメイトや全校生徒の目前で行われる痴戯の図!・前作『リンカノ』で好評だった連続シーンも更にパワーアップ!

■ ストーリー ■
主人公、新美 明人は幸せだった。 学生時代に『学園のアイドル』と呼ばれていた美しい妻、真奈美。 娘にも恵まれ、誰もが羨む結婚生活を送っている。だがある日、新美は自分の記憶がときどき抜け落ちていることに気がつく。 彼を襲うフラッシュバック。見たことのない真奈美の姿。そして妻である真奈美がしているという『仕事』。 新美が過去の記憶を取り戻した時、秘められていた学園時代の真奈美の姿が明らかになる。

ジャンル:学園のアイドルがシェアされるADV『超・多人数プレイ特化型NTR』ウィンドウサイズ1024×768 フルスクリーンモード有CGモード有 / Hシーン回想モード有 / BGV(バックグラウンドボイス)システム有

■ スタッフ ■企画・制作:狼星屋 原画・彩色:まる。 声優:結姫うさぎ、森野めぐむ、口谷亜夜、花見るん

■ キャラクター ■

友川 真奈美(学生時代)
身長:158cm Eカップ
美貌とスタイルに恵まれ学園のアイドルと称されている。
学内に非公認のファンクラブがあり、ファンクラブ会員でなければ話しかけることが禁止される等、お姫様扱いされている。
が、真奈美本人はそれを受け入れておらず、普通に扱って欲しいと思っている。
明るく、誰にでも優しい性格をしており、自分の美貌や立場を鼻にかけることもないので、男子からも女子からも人気がある。
●●時に出会った●●●のことを今でもずっと想っている。髪飾りはその時の思い出の品。
父と母、妹(かおり)の4人家族。
CV:結姫うさぎ

友川 真奈美(人妻)
身長159cm Fカップ
新美(主人公)の妻。
もうすぐ2歳になる娘(沙織)がいる。
夫とともに3人で仲良く暮らしている。
研究所の森継所長のツテでなにやら『仕事』をしている。
最近、夫の様子がおかしいのを心配している。
CV:結姫うさぎ

杉田 亜美
真奈美の友人でクラスメイト。
特に目立った特徴もなく、何処にでもいる普通の女の子。
明るく茶目っ気があり、真奈美や他の友人たちとよくふざけあっている。
真奈美の人気っぷりを羨ましいと思いつつ、彼女が男子たちから言い寄られて困っていることも知っている。
真奈美のよき理解者。
ただ真奈美の胸の大きさだけは認めたくない。
CV:森野めぐむ

友川 留美子
40歳。専業主婦。真奈美とかおりの母親。
少しマイペースでおっとりしているところがあるが、夫が仕事人間のため、子どもへのしつけはしっかりこなす。
夫とは学生結婚で、夫の故郷の島へ嫁いだ。
恋愛経験は夫のみ。貞淑な妻であり優しい母親。
真奈美と同様に美貌とスタイルに恵まれ、この歳になっても若い男から声をかけられる。
CV:口谷亜夜

友川 かおり
真奈美の妹。
性格はお気楽で甘えん坊で、まだ子どもの部分が抜け切らない。
困難に当たると泣いてしまう。
年頃になり異性への興味も出てきたが、まだ恋に恋するお年頃。
真奈美や母には負けるものの身体はまだまだ成長中。
CV:花見るん

新美 明人(主人公)
研究所で清掃員として働いている。
妻である真奈美と娘の沙織と3人暮らし。
研究所の森継所長を尊敬している。
学生時代の記憶が曖昧である。
レビュー

前作リンカノよりさらに輪●に特化した作品である。
ほぼ全てが輪●シーンであり、参加する男の数やシーンの長さが大幅にパワーアップしている。リンカノと同様に王道とも言える輪●展開をそのままに、
本作ではヒロインが公然と輪●されるシーンが多くあり、また新たな印象を与えてくれている。特筆すべきはシーン描写の細かさと長さである。
世間に多くある輪●モノはシーンを途中で省略しているものが大半であり、それが慣習となっている。
よくあるのが『3人程度に犯●れてブラックアウト。その間に20人に犯●れた』というやり方である。
一般に輪●シーンはどうしても単調なものになってしまうためこれはある程度しかたないのだが、
ユーザーとしてはそれでもその全てを見てみたいという気持ちがあった。本作の大輪●シーンではその省略をしていない。
60名以上の男子生徒が登場し、この全員がヒロインに挿入し射精している。
ユーザーの読む速度にもよるが、この1シーンだけで1時間以上かかるほどの長さである。
ここまでやり遂げたのは同人だけでなく商業でも見たことがない。
まさに輪●エロゲの究極系である。

世にあふれる輪●モノを名乗る作品はその実、せいぜい2、3シーンしか輪●がないものが大半である。
また、あったとしても前述のようにシーン描写を省略している。
本作はそのどちらにも当てはまらない。
まさに唯一無二の輪●特化作品である。輪●モノが好きなら間違いなく満足できる作品である。安心して購入すると良いだろう。
作者さんが限界に挑戦したと言っていたので期待していました。
その言葉通り、輪●の度合いはパワーアップ。
さらにその対象も友人や家族と幅広く、
次は誰がどんなひどい目に遭うんだろうとドキドキしてプレイしました。
期待に応えてくれるサークルさんですので次回作も安心して買うことが出来ます。

カテゴリー
タグ