また公職選挙法違反ですか?無派閥からの入閣とは菅さんのごり押しですかね?菅原議員に続きまた辞任騒ぎでしょう?どうにかして欲しいですね。船出がこれでは、日本丸は身動きできませんよ。
しかし、今政権は菅さんの力技が多かったとか?無派閥の中に菅派を進めてる結果ですかね?
これで辞任だと、反菅議員が当然のことながら黙っていない。菅さんは次期総理大臣の目は消えますね。


これも公選法違反濃厚ですか。今回も内閣は失言や公選法違反などバラエティーですね。任命責任間違いなし。ところで経産大臣の「任命責任は私にある。」と言ってた人は任命責任をどのような形で責任を取ったのでしょうか。二つ目の責任もどうするのでしょうかね。内閣のメンバーはそろいも揃って失態続きです。二階幹事長の失言も含めれば大量の失態です。まだまだ出てきそうな様子だがまずはこの二つの責任の取り方を拝見しましょう。


地元では悪評しかなく、疑惑はたくさん出たけど、身内の地盤で固められてたので、当選とかないわということで有名。先日地域の秋祭りに来たんだけど、偉そうな人と主婦に挨拶だけして、若手の祭り手伝いには挨拶なし。過去にもパワハラだとか、暴力とかあったけど、騒がれなかったから、今回こそきちんと対応してほしい


他の議員も似たような事を やっているかも知れないが、河井議員の場合は言い逃れが出来ない。多少の悪あがきはあるかもしれないが、辞任するのも時間の問題だろう。


法務大臣が法を犯したら、我国は無法国家になって終う。いくら妻が河井いと言っても、物事には限度と言うものが有る。現職の法務大臣が妻の違反行為で騒がれるのも珍しいが、騒がれる方が悪いのは明らかな事だ。さすがの安倍も任命した者の嫁さんの事までは目が行き届かなかったのだろうが、事は法務大臣の妻に関するものであり、事実なら一打席も無いまま、完封負けとなる事態だ。事が法務大臣となると野球と違って、単なる負け試合では済まない。野球なら後の試合で挽回する事も出来るが、政治屋は一度で退場だ。それにしても週刊誌は侮れない。公選法で全議員を篩に掛ければ、即座に目詰まりするだろうが、そんな者達で国会は埋められている事実を我々国民は理解した上で、目詰まりを起こさない人物を選択しなければならない。


今回も文春の調査報道だ。
他の新聞やテレビ、雑誌は権力監視する調査能力が弱まっているのではないか。チェック機能としての役割の自覚が足りないのではないか。


この夫婦の地元での評判は最悪なのに選挙だけは当選!?調べるとまだ色々出てきそうです。


安倍首相は、7月の参院選で溝手氏に勝利したことを大いに喜んでいたということですよね。

でも、その喜びもわずか3か月しか続かず、ぬか喜びに過ぎず、溝手氏を追い込んだ河井参議は、公職選挙法違反で責任追及されることになりますね。

今回の場合の夫も菅派ですね。菅さんも経産相に続いて連続で残念なことになりましたね。河井参議の夫が閣僚だけに、より大きなダメージになりますね。

文春砲が政権中枢を襲う辞任ドミノの非常事態になり得ます。安倍一強に大きな影響を与えることは必至と言えると思います。

安倍政権は強すぎます。一般国民からみてもバランス的に、もういいのではないかという時期に達しているとみることもできると思います。たいへんです。


絶対に氷山の一角だろ
全議員を詳細に調査したら物凄い数の犯罪者が生まれそう


週刊文春はリベンジしたな。
文春は3年ほど前に、河井克行本人が運転手兼秘書(当時74)に対して、あの豊田真由子どころではない暴力を振るい続け、革靴で腕を蹴るなどして全治2週間の酷いケガを負わせたとの記事で告発した。
しかし当の秘書が、腹立ちまぎれに河井の選挙ポスターを切り裂き、結局うやむやに。河井はその後数年で閣僚に就任する等、全くのおとがめなしの無傷で、結局、文春砲は空砲に終わった。
嫁の案里は他にも、地方議員時代に政務調査費の不正請求で問題になっている。
この河井大臣様はとにかく広島の恥。秘書もあまりのパワハラに200人以上が辞めていったのは、地元では良く知られた公然の事実。
安部首相の覚えが良いというだけで、こんな人間が法相とは。
自民党と広島3区の方々は恥を知ってください。


選挙運動員の報酬額とか、国政選挙の候補者だったら基礎中の基礎だと思うんだが、実際には与党も野党も違反者が結構いると思われる。
支出情報を開示請求しても、資料が膨大で全部を調べることは難しいので、閣僚や与野党幹部を狙い撃ちして、週刊紙記者がひとつずつ支出をチェックしてるんだろうなあ。
各議員事務所は法令守って収支をちゃんと記載しないとね。

河井克行法務大臣(56)と妻の案里・自民党参院議員(46)が、7月の参院選で、ウグイス嬢に違法な報酬を払う「運動員買収」に関与した疑いのあることが「週刊文春」の取材でわかった。

【写真】違法な報酬金額「1日3万円」が明記された“裏帳簿”

今年7月の参院選では、河井氏は、妻の案里氏を参院選広島選挙区(改選2)に出馬させ、自民党現職と野党候補との間で、熾烈な選挙戦となった。結局、菅義偉官房長官や公明党などの支援を受けた案里氏が、自民党現職を振り切り、初当選。夫の克行氏は、9月の内閣改造で、法務大臣として待望の初入閣を果たした。

選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。だが、「週刊文春」がウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。さらに、ウグイス嬢の領収書や支払いを記した“裏帳簿“を入手。こうした文書によれば、案里氏の事務所は、選挙期間中には、1日1万5000円を支払ったことにして領収書をウグイス嬢に書かせ、残りの額は、公示(7月4日)前の7月1日付で、選挙が始まる前の「人件費」で支払った形にしていた。なお、取材に応じたウグイス嬢9人は、選挙前には活動を行っていなかったと証言している。

こうした支払い方法の指示やウグイス嬢との連絡は、克行氏の元公設秘書で、当時は案里氏の秘書を務めていた男性が行っており、支払いなどの実務は経理担当の女性秘書が行っていたという。案里氏は、当選するまで事務所を克行氏の事務所に置いており、克行氏が案里氏の参院選を仕切っていた。

公選法に詳しい上脇博之・神戸学院大法学部教授はこう解説する。

「これは公選法が禁じる典型的な運動員買収です。買収した人もされた人も、3年以下の懲役・禁固又は50万円以下の罰金に問われます。候補者本人が与り知らない場合であっても、秘書や出納責任者など一定の立場の人による買収が確定すれば、連座制が適用され、当選無効となります」

河井法相と案里氏に、1日3万円の日当を支払っていた事実があるか、確認を求めると「選挙運動は、法令に従って行っております」と回答した。ただ、選挙の経理を担当した女性秘書は、「週刊文春」の直撃取材に対して、複数の領収書を準備して、1日3万円の日当を支払ったことを認めている。

法務行政のトップに立ち、特捜部などの捜査に対し指揮権を持つ法務大臣夫妻に、公選法違反の疑いが生じたことで、河井氏は国会などで丁寧な説明を求められることになりそうだ。

10月31日発売の「週刊文春」では、菅原一秀前経産相に続く「疑惑のデパート」とも言われる河井法相の、有権者へのジャガイモ贈与疑惑、秘書の残業代不払いの実態、本来なら免許停止となるスピード違反などのさまざまな疑惑を詳報する。

カテゴリー
タグ