神戸市の小学校で教諭ら4人が、同僚の教諭らに激辛カレーを食べさせるなどいじめを行っていた問題で、加害側の教諭が児童らの前でいじめの様子について話していたことがわかりました。

神戸市教育委員会によりますと、市立東須磨小学校の30代~40代の教諭ら4人は去年から今年にかけ、同僚の20代の男性教員に対しポンコツを意味する「ポンちゃん」と呼んだり、別の20代の男性教諭に対しては激辛カレーを食べさせて体にこすりつけたりしていたということです。カレーを食べさせられた教諭は今年9月から精神的に不安定になり学校を休んでいます。加害側の教諭はいじめ行為の様子を授業中に児童の前で話していました。

「辛い“18禁カレー”を食べさせて、食べているところを見るのが面白かった的なことを言っていた。」(加害教諭の元教え子)

カレーを食べさせた様子などは撮影もしていたということです。市教委は加害側の教諭らの処分を検討しています。

こんな連中が先生とは、児童が気の毒です。被害男性は心の傷が癒えない中で大変かと思われますが、今後のことを考えて告発してほしいと思います。

こういった連中の矛先が特定の児童に向いたら、と思うと恐ろしいと思いませんか。複数の教師達にいじめられる、暴行される特定の子供。しかも、周囲の一部の児童が便乗していじめ虐待に加担したり・・・。

従来の児童へのわいせつ等でも処分としては、転勤で終了が少なくなかった。人手不足のためでしょうか、今回も転勤で終わりにしたいから氏名を隠しているのかと勘ぐってしまいます。

子供に接する時間の多い職種については、明らかに犯罪行為を犯した人について氏名を明らかにし、少なくとも免許ははく奪してほしいです。名前はどうせ、改名されちゃうんでしょうけれども少なくとも同じ教育の場に立たれては、第二、第三の被害が生まれる可能性があると思います。


教員の採用に問題がある、社会経験ゼロの人間が教師に成る。
小学校→中学校→高校→大学→小学校(教員)→教育委員会(天上がり)
全然社会経験なし、子供のまま先生に成る。

単にいじめを行った四人の教員が異常なだけなのか、そんな異常な人間を子供の先生として平然と採用してしまう、神戸市の採用試験の異常性を示しているのかよく分からなかった。大体、こういう輩は、親のコネで採用されていることが多いのではないだろうか?


学校では暴行事案を「いじめ」と変換するのでしょうか?
これまでは加害側が未成年であるとかで言葉を濁しておりましたが、教職員間であれば暴行ではないのでしょうか?
又、加害側が有給での自宅謹慎をしているとう情報もあります。
私はおかしいと思いますが、皆さんはどうお考えでしょうか?


羽交い締め、激辛カレーを体に塗った時点で暴行罪が適用されます。皮膚が炎症した場合、医師の診断結果次第でそれは傷害罪です。警察に被害届を出して刑事事件にすることが大切だと思います。反省したから、お咎めなしの前例を作ってはいけないと思います。


耳を疑うほどひどい話ですが、児童への影響も心配です。今回のような事案は稀だとは思いますが、学校や教員への社会の信頼を低下させる事件です。加害者の中には、被害者の指導者役も含まれていたそうです。指導する、されるの関係の中で、いじめやパワハラが起きやすくなる可能性は、どこの学校でも留意しておく必要があります。校長ら管理職の責任も問われます。つらい教職員がいるときに、声をあげられる先がなかった、機能しなかったのかについても、検証していく必要があります。


以前美輪明宏さんが著書で述べておられみしたが、もう“いじめ”という言葉を使うのを本当に止めませんか。加害者が行ったことはれっきとした虐待、暴行、犯罪であり、“いじめ”という軽い言葉で片付けることに強い違和感を覚えます。虐待、暴行、万全である以上氏名を公表したうえで断固とした処分を行うべきです。当たり前のことですが教育は国の基本です。このような教師が存在すること自体に強い危機感をもつべきです。被害者の教師は、時間はかかるかもしれないがいつかまた教壇にあがってほしい。以前辛いことがあったけど、自分は負けなかったんだよ、と生徒に言える日が来てほしいと思います。


職員室内のいじめは普通にあります。今回の加害者と校長は懲戒免職にすべきでしょう。
今回は教師間のいじめですが、校長がいじめをする場合もあります。校長が加害者の場合は、まず、表に出ることはありません。
全国的な調査をしてもらいたい


さまざまな問題をはらんでいますが、教員同士の「いじめ」というより、「ハラスメント」の事案として厳に扱うべきです。ニューヨークには性や人種、宗教などあらゆるハラスメントを禁じる法律があり、事案が報告されれば、対象人物は当局にファイル(登録)されます。個別の案件に応じて裁判所が解決、対処に乗り出します。例として2000年代に、州内のミドルスクールに当時勤めていた女性教員が、同校の校長にセクハラなどを受けたとしてファイルし、女性はその後すぐに解雇されてしまった事案があります。結果として09年に、校長と学校側が5百万ドル(現在価値で5億円強)を女性に支払うよう、判決が下りました(後に和解)。米国と日本で事情や法律は異なりますが、ハラスメントが厳罰化に向かっていることは世界共通の潮流です。ハラスメントをしている自覚がある人は即刻、身の処し方を見直すべきでしょう。


教員の採用に問題がある、社会経験ゼロの人間が教師に成る。
小学校→中学校→高校→大学→小学校(教員)→教育委員会(天上がり)
全然社会経験なし、子供のまま先生に成る。


 

行為そのものも問題だが、一番の問題はこうした感覚の先生が生徒を指導していること。
児童同士で同様のことがあった場合、加害者側に味方する場合がある。児童に面白おかしく話をしたということは、自身がした行為が適切だとかんじているがあ、それが1番危ない。確かに保護者などから理不尽な要求をされることもあり、ストレス耐性をつけないといけないこともあるが、激辛カレーを強要する保護者はいない。

学校の先生も官僚と同様、他の世界を知らない人が多すぎる。特に公立学校の先生は、接客業などで外を見る期間を義務付けるべき。理想論ばかり言う先生も同様。

 

カテゴリー
タグ