降板は当然の措置でしょう。
仮にも法律を扱う番組で、このような人がMCを務めるのは問題。
そもそも、不倫騒動後も何事も無く出演していたのが不思議なくらい。

行列は日テレと吉本の間で吉本から司会者を出す契約をしているのだろうか?
初代、宮迫と続いて反社会勢力と関わりを持つ芸人を派遣していた吉本にも責任あると思う。

昔は法律を扱う話を2事例していたが、現在は1事例となり1時間のほとんどの時間はお笑いバラエティとなっている。
複数の弁護士先生を1事例の為の番組に毎週1回の放送の為に何時間も拘束している。
その時間があれば自分が持っている事例の為に当てられるだろう。

疑問の多い番組だと思う。

スポンサーも離れるだろうし、宮迫が出るってなったらスポンサーつかないだろうし、今後絶望的だろうけど、宮迫がいなくてもどうにでもなる。
芸人だけじゃなく、吉本も何らかの罰受けた方がいいと思うけど。
           吉本芸人の穴を埋めるのが吉本芸人じゃなぁ。
紳助の穴も3人の吉本芸人で埋めたわけだし。
ジュニアは行列って顔じゃないし、やはり出演歴多い芸人から起用すべきとは思うが、レギュラー陣の渡部のスライド起用かと思ったけど、紳助の時同様、他事務所芸人に役割奪われるの嫌うんだろうな。ただ日テレとしては吉本勢の中で宮迫を痛烈に批判していたジュニアを起用することでなるべく批判をかわしたいって思惑もあるのだろう。

今回の件は芸人をしっかり管理できていなかった吉本自体の責任も小さくないと思うので、吉本に対するペナルティーとして違う事務所の芸人を起用した方が良かったと思う。

ジュニアじゃあんまり代わり映えしないし。

思い切ってオードリーの若林とかサンドイッチマンの伊達とか起用してみたらガラッと変わる感じがするけどな。

他のレギュラー番組も速やかに降板を発表してほしい。それから磯野キリコは純レギュラーみたいな感じでいつまでで続けるのだろうか。この番組は宮迫が司会の時だけ特に不快感が増していたので個人的には嬉しい。テレビに出られる芸能人なんてほんの一握りなんだから犯罪やマナーに関してクリーンな人が出るべきなのは当たり前。今もっている好感度と言うのとはまた全く別の問題だから。そういう意味では抜き打ちでどの番組もどの芸能事務所も薬物検査はちょくちょくすべきだと思う。宮迫はまだまだ叩けば埃がいっぱい出てくるはず。

降板は当然だと思う。問題発覚した時に、正直に全部話して会見をすべきだった。宮迫の責任は特に重いと思う。入江の声かけで宮迫さんがいるならとついてきた若手芸人の人たちと処分が同じなのはおかしいと思う。日頃お世話になっている先輩からの声かけは無視できないだろうし、生活のためにお小遣い程度のお金でも欲しかったことは想像できる。そんな人たちを守るためにも宮迫やロンブーの亮には矢面にたってあげてほしかった。
それと、今回何年も前の写真が次々と出ているが、詐欺グループや反社会勢力の関係者から出ているこのネタを買って報じている週刊誌側にはおとがめはないのですか??それだって悪への資金源になるのでは?と感じる。なんでもタレント側だけ叩かれるのどうなのだろうか?報じる方もキチンとしてほしい。

2014年12月に大規模詐欺グループの忘年会に出席して金銭を受け取っていたことが発覚し、所属の吉本興業から24日に謹慎処分を下された、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、レギュラー出演していた日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜、後9・00)を降板する方向であることが29日、分かった。宮迫は現在、週替わりのMCも担当しており、代役は同じ吉本芸人の千原ジュニア(45)が務める見込みだ。

【写真】闇営業で解雇のタレント 涙ぐむ坂口杏里を抱きしめる

無期限の謹慎処分が下されていた宮迫に、さらなる“ペナルティー”が追加された。一部の関係者によると、宮迫は金銭の授受について当初「受け取っていない」と虚偽の回答をしていたことで、イメージが大きく悪化。過去にも不倫騒動を起こしていたこともあり、「テレビ復帰自体が絶望的」という状況だという。

また「行列-」は法律を扱い、弁護士軍団が出演する番組とあり、他の番組と比較してもコンプライアンスの“ハードル”が高い。そのため、反社会的勢力からの金銭授受が発覚した宮迫の降板は、早々に決定したとみられる。

宮迫の“代役”として起用濃厚なのが、同じ吉本興業所属でほぼ同期である千原ジュニア。歯に衣着せぬ軽妙なトークは老若男女を問わず人気があり、“格”的にも宮迫と同等。過去に不祥事を起こした経験もなく、今回の謹慎芸人続出の件についても、25日に出演したTBS系「ビビット」(月~金曜、前8・00)でも、宮迫らを厳しく批判するなど、自身の「潔白」をうかがわせている。

「行列-」のMCは現在、宮迫と東野幸治(51)、フットボールアワー・後藤輝基(45)が週替わりで務めている状態。現時点で7月14日放送分まで収録されており、宮迫の出演場面については「可能な限り配慮」した上で放送される。

くしくも初代MCの島田紳助さん(63)も、2011年に暴力団との交際により芸能界から引退する形で番組を降板。8年の時を経て、同じく反社会的勢力とのつながりが番組に多大な影響を与えてしまった。

ほとんどの芸人や歌手は、若手の頃から闇営業していると思いますし、それが反社だったかと言われたら、わからないと思います。
反社にネタ売られて買う週刊誌も充分反社と関わってると思いますが…。
個人的に宮迫は前から嫌いでした。でも、今回の件で、結局タレントが矢面に立たされて、事務所の責任はないのか、と思いました。根本的な原因は事務所で、闇営業は暗黙の了解だったし。そもそも給与が安すぎ。
若手の稼ぎの為に先輩が力を貸すのもわかるし、若手が闇営業で稼ぎたいのもわかる。
カテゴリー
タグ