大阪府警吹田署の千里山交番前で男性巡査が刺されて拳銃が奪われた事件で、府警捜査本部は17日、東京都品川区の職業不詳、飯森裕次郎容疑者(33)を強盗殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。交番から北へ約8キロの山中で身柄を確保した。拳銃を所持しており、実弾1発が発砲された形跡があった。飯森容疑者は調べに「私のやったことではありません」と容疑を否認しているという。

【タイムライン】事件発生前から逮捕されるまで、飯森容疑者とされる男の足取りは

吹田署捜査本部によると、飯森容疑者は16日午前5時35分ごろ、吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番の駐車場で、当直勤務中だった古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(26)の胸を包丁(刃渡り約15センチ)で刺し、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪った疑いがある。古瀬巡査は7カ所を刺され、心臓に達する深さ約11センチの傷も負い、意識不明の重体。

捜査関係者によると、事件後、拳銃を右手に持って歩く男の姿が、交番から北西に約400メートル離れた吹田市千里山西5丁目の住宅街の防犯カメラに映っていたことも判明。巡査が襲撃された約30分後に、周辺の複数の住民が破裂音を聞いたと証言しており、捜査本部は拳銃を奪った飯森容疑者が住宅街で拳銃を1発発射した可能性があるとみている。

捜査本部は16日午後8時すぎに映った箕面(みのお)市内の防犯カメラの映像から、飯森容疑者が箕面市の山中へ向かったのを確認。山へ向かう山道の出入り口はイノシシよけの柵で住宅街から遮られ、人の出入りが確認できるが、府警は飯森容疑者が山に入った後、出てきた形跡がなく、山中に潜伏しているとみて、日の出を待って17日午前5時すぎから36人態勢で山中を捜索。同6時半すぎに山道脇のベンチの上に横たわる飯森容疑者を発見し、身柄を確保した。ベンチの下にはレジ袋に入った拳銃があった。携帯電話の電源は入っていない状態で、現金約10万円や運転免許証、精神障害者保健福祉手帳(2級)などを所持していたという。

捜査本部の調べに対し、飯森容疑者は「私の思うことは、病気がひどくなったせい、まわりの人がひどくなったせいということです」などと話したという。府警は刑事責任能力の程度を慎重に調べる方針。

捜査本部によると、飯森容疑者は拳銃を奪った後、16日午前中に徒歩や電車で吹田市内や箕面市内などを広範囲に移動して、コンビニやホームセンターなどに相次いで立ち寄り、虫よけ剤や携帯電話の充電器などを買っていたという。

 大阪府警吹田署の千里山交番前で男性巡査が刺されて拳銃が奪われた事件で、府警捜査本部は17日、東京都品川区の職業不詳、飯森裕次郎容疑者(33)を強盗殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。交番から北へ約8キロの山中で身柄を確保した。拳銃を所持しており、実弾1発が発砲された形跡があった。飯森容疑者は調べに「私のやったことではありません」と容疑を否認しているという。

【タイムライン】事件発生前から逮捕されるまで、飯森容疑者とされる男の足取りは

吹田署捜査本部によると、飯森容疑者は16日午前5時35分ごろ、吹田市千里山霧が丘の吹田署千里山交番の駐車場で、当直勤務中だった古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(26)の胸を包丁(刃渡り約15センチ)で刺し、実弾5発入りの回転式拳銃1丁を奪った疑いがある。古瀬巡査は7カ所を刺され、心臓に達する深さ約11センチの傷も負い、意識不明の重体。

捜査関係者によると、事件後、拳銃を右手に持って歩く男の姿が、交番から北西に約400メートル離れた吹田市千里山西5丁目の住宅街の防犯カメラに映っていたことも判明。巡査が襲撃された約30分後に、周辺の複数の住民が破裂音を聞いたと証言しており、捜査本部は拳銃を奪った飯森容疑者が住宅街で拳銃を1発発射した可能性があるとみている。

捜査本部は16日午後8時すぎに映った箕面(みのお)市内の防犯カメラの映像から、飯森容疑者が箕面市の山中へ向かったのを確認。山へ向かう山道の出入り口はイノシシよけの柵で住宅街から遮られ、人の出入りが確認できるが、府警は飯森容疑者が山に入った後、出てきた形跡がなく、山中に潜伏しているとみて、日の出を待って17日午前5時すぎから36人態勢で山中を捜索。同6時半すぎに山道脇のベンチの上に横たわる飯森容疑者を発見し、身柄を確保した。ベンチの下にはレジ袋に入った拳銃があった。携帯電話の電源は入っていない状態で、現金約10万円や運転免許証、精神障害者保健福祉手帳(2級)などを所持していたという。

捜査本部の調べに対し、飯森容疑者は「私の思うことは、病気がひどくなったせい、まわりの人がひどくなったせいということです」などと話したという。府警は刑事責任能力の程度を慎重に調べる方針。

捜査本部によると、飯森容疑者は拳銃を奪った後、16日午前中に徒歩や電車で吹田市内や箕面市内などを広範囲に移動して、コンビニやホームセンターなどに相次いで立ち寄り、虫よけ剤や携帯電話の充電器などを買っていたという。

銃を入手してG20の要人を襲う、警察に恨みがあるなど色々推測したけど、いざ捕まったらなんの動機や目的もなく、なぜ警官は襲われて銃を奪われなければならなかったのかホンマ理解に苦しむ。
逆に銃の使用目的がないから子供や通行人をなんとなく撃っていた可能性もあるので早期に逮捕できてよかった。
精神疾患。確かに病人にどこまで責任を問えるかは難しいが、残念ながら病気を理由にする不埒な奴も世の中にはいるから(政治家の先生はすぐ入院するし)、これは国民にも納得感のある結論を出して欲しい。現に重傷者が出ているわけだし。今回、容疑者の父親は英断だったと思う。子は成人だし、子を守りたい気持ちもあろうが断腸の思いだっただろう。
ただ、彼がもし精神疾患で責任を問えないとなるなら、彼の担当医や家族はなぜ彼を野放しにさせてたのかが不思議。
東京から大阪まで出向き、報道を見る限り計画的な犯行といえるくらい論理的な行動であるから、責任能力なしはキツいと思うけどもしそうなるなら野放しにした責任は重いんじゃないのかな。特に医師は。
っていうと、医師は保身の塊だから日常生活できる人まで施設にぶち込むんだろな。
確保に至る支離滅裂な行動はともかく、虚偽の通報や事前の段取りは計画性が十分、責任能力はあると思う。
一見関係ない話だが昨日、東京都美術館で漫画家の方が障害者に暴行を受けたが、施設側は問題とは思ってるものの実質不問にしていた、という話と繋がる気がする。
騒いで事を大きくすれば後ろにいる団体が「人権が」「差別だ」揉めることを恐れたら及び腰になるんだろう。
だが罪は罪。犯したら罰を受けるのが当然。加害者の精神的・肉体的な障害など、被害にあった人間や社会的に及ぼした影響とは関係がない。
同じ人権を持つ人間として公平に扱わない(罰しない)こと自体が、差別じゃないのか?
生死の境を彷徨う警官の回復、命や人権こそ救われることを祈る。
動機は、病気がひどく成ったせい、回りの人が酷く成ったせい?何を言ってるのかな?小学校から高校までを大阪で過ごした犯人だとの事ですが、警察官を襲う前に、同級生達に同窓会を開きたいからとの理由で、住所確認等を複数の人達にして居て、空き巣に入られたと通報した住所は元クラスメイトの家だったそうです。銃を奪う為に、クラスメイトの住所を利用したのか、又は小学校から高校迄に関わった人達に対して、恨みを持って居た場合、警察官から奪った拳銃でその恨みを晴らそうと計画して居たのかも知れませんけれど、こんなに危険な33歳の精神障害者を野放しにして居る現在の法律に問題が有ると感じます。襲われた警察官の意識が戻ります様に、そして、銃を強奪された責任を取らせないで願っております。
               精神の病気でも犯罪をおかさない人はいっぱいいる。病気関係なくその人が何をしたかで刑を判断できるように法を改正すべき。特に精神の病気はふりもできる。割合はわからないが障害手帳を免罪符のようにひけらかし、自分は何をやっても無罪とうそぶく連中も少なくない。もし本当に病気のせいなら尚更自身に制御ができないわけだから更に危険。これ以上罪のない人が無駄に傷つけられることがないようにしてほしい。犯罪抑止のためにも、未成年についても同様に、きちんとやったことの責任をとらせるべきだと思う。
        精神疾患を言い訳にしないで欲しい。明らかに計画性のある犯行で、捕まったらそのように主張しようというのが読み取れる。精神疾患患者が罪を問われないのは、病気が心神喪失、衰弱の原因になった場合だけ。計画性があるだけでなく、即座に逃げてるのだから、善悪の判断もできている。
これで責任能力がとえないなら、差別の助長になりかねない。必要な人が差別を恐れ、精神障害者手帳を受け取れなくなってしまう。
カテゴリー
タグ