6月4日、カラテカの入江慎也が所属事務所の吉本興業から契約解除された。

「6月7日発売の『フライデー』に、入江さんの反社会的勢力との交際疑惑が報じられました。大規模振り込め詐欺グループの忘年会に、宮迫博之さんなどの吉本タレントを仲介したというんです。事実上の解雇ですね」(スポーツ紙記者)

【写真】楽しんごと吉本を辞めた“ムキムキ”な相方、かつての付き人との禁断ディープキスほか

入江はスポーツ界や企業の社長まで幅広い人脈を持ち、“友達は5000人”と豪語していた。

「入江さんの人脈作りは今後に繋がる可能性があるからと、事務所も大目に見ていた部分があった。それをいいことに、最近は怪しい人たちのパーティーや飲み会にも顔を出していると話題になっていました。東京の芸人の間では、“入江案件は危ないから関わらないほうがいい”と言われていましたね」(放送作家)

友達5000人というのも、かなり怪しいらしい。過去に一緒に仕事をしたことがあるという雑誌ライターによると、

「世間話をしていたら“○○編集部の○○さん、友達なんですよ。よろしくお伝えください!”と言うんです。後日、本人に聞くと“飲み会で2回ぐらい会って、連絡先を交換した程度だけど……”とのこと。なので、彼の友達=一緒に飲んで連絡先を交換した人なんだと思います。ただ記憶力はすごくよくて、とにかく人を立てるので、飲み会では重宝されるだろうなとは思いました」

問題の忘年会出席は、会社を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”だったという。

「吉本としては、“反社会的勢力の営業だけは絶対に受けるな”と厳しく言っていましたからね。入江さんは”詐欺グループだとは本当に知らなかった“と言っているようですが、交友関係が報じられてしまった以上、知らなかったでは済まされないでしょう」(放送作家)全国を飛び回る“闇営業”
実は、入江の2か月ほど前にも、「ラブ注入!」のギャグで一世を風靡した芸人・楽しんごが吉本を退社していた。ユーチューバー活動に本腰を入れるためと、当時は報じられていたが、どうやら彼も闇営業が原因での契約解除だったらしい。

「‘18年から渋谷りゅうきさんと『おいなりさん』というコンビを結成しているのですが、全国を飛び回って闇営業をしていたようです」(テレビ局関係者)

その中には、交渉段階で事件になりかけた危険なものもあった。

「ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。“その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”と、強引に迫ってきたんだとか」(同・テレビ局関係者)

この恐喝まがいの言動は、運営側を中心に大問題となり、当時の所属事務所だった吉本の耳にも届くことに。

「あわや刑事事件という問題を起こした上に、その話は事務所を通していない闇営業ということもわかってしまった。契約解除は自然な流れだったようですね。相方の渋谷さんは言われるがままに動いていただけなので、吉本に残ってもいいと言われたそうですが、楽しんごさんに“一緒に辞めよう”と強引に押し切られ、吉本を去っていきました」(同・テレビ局関係者)

手軽に現金が手に入る闇営業だけど、バレたら芸人生命はオシマイ。そのリスクを今一度、考えたほうがいいのかも……。

そもそも島田紳助も繋がっているという理由で引退したよね。
吉本興業の中で反社会的な人たちとの繋がりもあるのか?と感じたけど、それだけじゃなさそうな気もする。
吉本の芸人さんたちが、月収500円とか、事務所がピンハネしているとかいっているし、他の事務所は低額でも給料が存在するということもやっていた。
そういう背景から、事…もっと見る務所を通すとピンハネされてしまう、生活ができないことがあれば闇営業に行ってしまう構造があるのでは?と感じた。
そう考えると芸人だけが悪いのかな?と。
他の事務所の芸人もやって見つかるならともかく、結構前から吉本ばかりだし。
だからといって、闇営業も反社会的な人たちと繋がっていいという根拠にはならないが、吉本はあぐらをかいて、問題の芸人を切れば終わりでは駄目だと思う。
反社会集団と繋がるのも問題だが、芸人側がこんな風に反社会的行為に及ぶのも問題だと思う。楽しんごの解雇は自業自得で当然だと思うが、これを見てもわかるように闇営業は今に始まったことじゃない、文字通り深い闇のある問題だという気がする。

吉本はもっときちんとすべき。
規約と言っても、年収50万とか80万の芸人もいる。
外で、働かないと生きていかれないの分かってる事だ。
厳しく闇を拒むなら、最低限の所得は与えるべき。
余りにも、吉本側の都合が良すぎる。

楽しんごアウトなら、宮迫も同じでないの?

よくバラエティ番組で吉本の芸人が給料について発言することが多く、その内容が吉本のピンハネについてかなり不満を持っている発言を耳にする。もう少し芸人さんが芸人として生活できるようにサポートしていくべきなのじゃないだろうか。売れない時期の薄給はある程度は仕方ないとしても、生活に追われてアルバイトで生計を立てないようだとネタやアイデアを考える余裕も時間も削られてしまうと思う。
少なくとも番組を見る限り吉本のピンハネの大きさや支給額に不満を持っている芸人さんが多い印象を感じる。

この記事もそうだけど、根本的な部分がわかってない
闇営業が問題みたいになってるけど、そうではなく反社会勢力の人々との…というのが問題なわけで
闇という言葉から聞こえも悪いしね

もちろん事務所を通さずに営業するという事も問題だが、そういうところから話が来てしまう危険性があるから闇営業そのものがダメなんだけどね
事務所を通しても可能性はあるんだから、こういうグレーな部分はもっとヤバいよね

でももっと考えなければいけないのは、そういう状況に芸人達を追い込んでいるという事
しっかりとしたバックアップがあれば、この問題はすぐに解決するかと思います

芸人に限らず、他の部門のタレントもそうなんだけど、事務所の取り分が高すぎると思う。
1本仕事したとして、ギャラの半分以上は事務所の取り分なんだよ。
事務所の取り分は普段表に出ないマネージャーやスタッフさんの取り分で必要ではあるんだけど、明らかに取りすぎだと思う。
人気者はともかく、そうじゃないタレントは「金」だけで言えばバイトしたほうが収入多いんだよね。

でも、タレント仕事しないと名前売れないし、当然これだけでは食べていけないわけだから、なにか手を打たなくてはって話でこういった事が起こるんだよね。

芸能事務所は、この実態を重く見るべきだと思う。

ただ、売れないタレントの中にはそういった闇に「正義感」で手を出さずにガチな極貧生活でガンバってるタレントもいることを忘れないでほしい。
そういう苦労人こそ、本当は目を向けるべき存在のはずなんだ。

島田伸介の場合は、仕方がないだろう。
極真の橋本と繋がりが、あったし、直接、ヤクザの繋がりが、出てしまったので、仕方がないかも知れない。
島田伸介は、金も何十億円位持っているので、石垣島で、ゆっくり暮らせば良い
。今回も吉本興業だったので、厳しいだけで、他の事務所の芸人も、大なり小なり、闇営業をしているだろう。
しかし、大きい看板があれば、仕事は、回って来る。
どちらを選ぶかだ。
実際、吉本興業の売れていない芸人などは、月給1万円しかもらっていない芸人もいるが、気楽なので、何年、何十年と芸人をやって、売れる芸人は、一部だ。
ある程度やって駄目なら、まともに働いた方が、良いだろう。
いとこがパチンコ店長やってる関係でよく話を聞いたことがあるのですが、営業で芸人さんを呼ぶときは吉本興業でもどこでもだいたい50万円から100万円だそうです。ギャラはもちろん本人ではなく会社に支払われるのですが、吉本興業の場合は100万円の内、本人に入るのは10,000円以下と本人から聞いた時は店長愕然としたそうです。伝え聞いた私もショックと同時に吉本興業という会社がケチなのは昔から知ってましたがここまで酷いもんかと聞いていて悲しくなりました。ほかの事務所はここまでひどくなくて営業が多ければ多いほどそれ相応に潤うそうですが、吉本興業の場合はそうはならないみたいです。使い殺しというか飼い殺しですよね。

1.事務所に内緒で個人的に仕事を受けた。
2.詐欺グループの忘年会に参加した。

今回の騒動はどちらに論点を絞るかで印象が大きく違ってくる。
マスコミはどうも闇営業に注目させようとしてる感じがするが、重要なのは詐欺グループとの繋がり。そしてその時の報酬や見返り。
詐欺グループとは知らなかったというのは仕方ないにせよ、報酬や見返りが一切ないというのはあり得ない。

入江は詐欺グループからの闇営業を仲介したんだから解雇は当然として、その闇営業に出た先輩芸人は詐欺グループと知らなかったのは本当かもしれないが、お金を受け取っていたとなればさすがにヤバイと思ってか口裏合わせをしてノーギャラを貫いてますけど、本当かなぁ?
レギュラーを何本も抱える忙しい芸人が、いくら後輩の頼みとはいえ年末にノーギャラの営業に出るかね?
闇営業と同じように、いわゆる「とっ払い」のギャラっていうのは昔からずっと続いていて、払う側は領収書も要求しないし、源泉も引かないで現金渡し。でもそれは取材の謝礼などで少額という前提で事務所も黙認していた。さすがに@100万円となると、税務署も動かざるを得ないから問題になったのだろう。今回はもらった相手も悪かった。
そもそも吉本が芸人に食って行けるだけの仕事を斡旋してるんなら問題はない。
出来て無いんだから他で金稼ぐ努力をする事は極々当たり前の事。
闇営業自体は悪い事ではない。
怪しい処とのお付き合いが無ければ良いだけ。
楽しんごの件も仕事あるのに吉本が間に入らないからこうなる。
全ては吉本の営業力の無さ!

まず、契約上のコンプイアンスを吉本が確立すべき。

契約書なしで個人事業主を専属化させているのは下請法違反だろ。
社員化して身分保障をしっかりするか、さもなければ吉本以外の営業の範疇を吉本からの獲得収入規模によって分けてやらないと、芸人が死ぬぞ。
だいたい、タニマチだの太客だのからの小遣いだって、考えようによっては闇営業だ。そういうのは黙認で、そうでないのは処罰するのはダブルスタンダードだ。

吉本興業は全てのタレントに反社会的勢力や振り込め詐欺グループとの繋がりが無いかを確認しないとダメだな。本人任せだと隠すのでね。
吉本興業がキチンとした組織ならやるべきだね
やらなければ反社会的勢力と吉本興業が繋がっていたと思われても仕方ないし、そんな会社とはスポンサーも付き合わないだろうね。
所属のタレントが食えないなんてバイトでもやるって事を教えないとね。若手が闇営業しないとって言うくらいだから金銭は発生していたと言ってるのも同然。タクシー代やお茶代も全て金銭の発生と同じ。
フジモンの月収の事で、ユッキーナが「あんなに頑張ってるのに、この明細を見たらかわいそうになって涙が出てきた」って前に言ってた。
一時期は、9:1で事務所に持っていかれてるとか、ダウンタウンも解雇覚悟で社長に談判した、とか言ってた。
事務所に所属している以上、闇営業はいけないけど、そういう事務所の体質も問題でしょ。
ちゃんとした契約書も就業規則もない会社のくせに。
誰だって、お金は欲しいでしょ。

詐欺集団の忘年会と知らなかったなら、今回の対応が妥当だと思う。
反社会的勢力にお金落とすのが駄目なら、パチンコやったことある人、AV見たことある人、風俗行ったことある人は皆アウトだよね。
大概裏で繋がってるというか、舎弟企業だったりそのものだったりするから。殆どの男性が当てはまるのでは?

クビになった人は、自身の行動に問題が多かったり、闇営業受けただけでなく継続的に親しくしてたんだろうね。

カテゴリー
タグ