奈良女子小学1年殺害事件とは

なぜ、近隣住民が7歳の女児を狙ったのか。新潟市西区の小学2年、大桃珠生(たまき)さんが殺害、遺棄された事件で、逮捕された小林遼(はるか)容疑者(23)は、過去にも別の少女を連れ回す事件に関与していた。大桃さんについては、事件の発端を偶発的な事故だと供述しているが、捜査関係者は疑念の目を向ける。動機や手口にも疑問点が多く、新潟県警新潟西署捜査本部は全容解明を急いでいる。

捜査関係者によると、捜査本部は大桃さんの事件について、幼い女児が被害に遭っていることなどから、いたずらなどの目的の可能性を視野に入れていた。過去に同種事案に関与した人物の洗い出しを進め、昨年に別の少女を連れ回すなどしたとして今年4月に書類送検されていた男がいることが分かった。

その男が小林容疑者だった。同時に、小林容疑者が大桃さん宅からわずか100メートルほどの場所に住んでいることも判明し、土地勘があるとみていた捜査本部の見立てとも合致した。また、大桃さんの足取りが途絶えた時間や遺棄時間帯に、現場周辺で小林容疑者の黒の軽乗用車が複数目撃されていた。過去の事案への関与と合わせ、事件翌日には捜査線上に浮上。捜査本部は14日朝、任意同行に踏み切った。

小林容疑者が勤務する電気工事関連会社によると、小林容疑者は事件当日の7日は会社を無断欠勤。本人とは終日連絡がつかず、自宅に電話をすると、親族は「会社に行っているはずですが…」と困惑し、出社していると思い込んでいた様子だったという。

8日になってようやく本人から「連休明けで具合が悪く、会社までたどりつけなかった」などとメールがあった。7日は大型連休明けで、前日の6日まで9連休をとっていたのに、さらに休みを重ねていた。

小林容疑者は逮捕後、車を運転中に大桃さんをはね、パニックになって車に連れ込んで首を絞めた-と供述し、偶発的な犯行だと主張。大桃さんの名前についても「遺体を捨てた後にニュースを見て知った」と話した。ただ、捜査本部は連休中に犯行計画を練って実行に移すために欠勤し、犯行に及んだ可能性もあるとみている。

現場の状況にも不可解な点が残る。現場にはランドセルが放置されていた一方、大桃さんが当日持っていた傘は発見されていない。小林容疑者は「捨てた」と供述しているが、傘だけを捨てる理由が判然としない。また、車があるにもかかわらず、なぜ遺体を自宅近くに遺棄したのか。大桃さんを連れ去ったとみられる下校時間帯から遺棄までの“空白の7時間”の状況も分かっていない。

 

幼い子供が昼間の住宅街で連れ去られ、犠牲になった事件。金目当てなどではないとすると、小児性愛者などによる性的な動機の犯罪と推定する。そうすると、犯罪統計から考えて、犯人は見るからに怪しい不審者などではなく、近隣に住む成人男性であり、むしろ優しく子供の扱いが上手いような人で、さらに性犯罪の経歴のある人と推論し、捜査を進め…もっと見るる。その捜査の網に一人の男性がかかり逮捕され、殺害も認めた。しかし、これらのことは全て偶然であり、無断欠勤も偶然で、殺人は偶発的なことだった。というようなことは、可能性は0ではないが、考えにくい。

柵を乗り越えて遺体を線路内に運び入れるとき、確かに傘は邪魔だ。そのために捨てたということも考えられるだろう。しかし、事故死を偽装しようとしたという供述が本当なら、なぜランドセルまで持ってきているのに、傘だけは運ばなかったのかがわからない。

事実の解明までの道は遠い。

交通事故じゃないでしょう
朝からターゲット探して被害者追いかけまわして
下校の時まで待ち伏せしてて
忙しくて会社無断欠勤したのではないのかね

 

 

あああああもうさっき冷静装ったけど犯人ほんと酷い。酷すぎる。新潟女児殺害のやつ。 面識ないんだよね?なんで殺すの?殺した時どんな気持ちだったのかな。感情とかないのかなこの人には。思う度に胸が痛くなる。

 

栃木小1女児殺害事件年12月栃木県今市市で小学1年生の女児が行方不明、茨城県常陸大宮市の山林で刺殺体となって発見された事件。 捜査担当者がマスメディアに対して「猟奇的なアダルトゲームやフィギュア愛好者による犯行の可能性が高い」と発言

 

昨年に別の少女を連れ回すなどしたのに、書類送検だけで済んでしまい、仕事も通常通りで影響なしか??
日本の法律はどうなってんだ????
昨年の事件で厳しく罰せられたら今回の事件は起こらないはずで、ある意味日本の検察が珠生ちゃんを殺したと考えてもおかしくないと思う。。

 

自分の息子が犯人かもしれないって思ってたご両親と弟…どんな思いで1週間過ごしていたのかな。事件翌日に犯人のお母さんが取材にこたえてたけど。。無断欠勤した息子を疑っていただろうな。加害者家族も可哀想だな。
育て方が悪かったのか??
こんなモンスターを産んで育てたこと母親は辛いよね。
両親もまだ50代だろうし、弟は…
家に石投げられたり、落書きされたり、野次馬いっぱい来たりすんだろうな。

 

 

児童ポルノなんて需要があるのだから、こういう病的な人は、潜在的に何パーセントかいるのだろうな、家庭内や仕事はまじめに生活しているのだから、恐ろしい話だよ、与野党は、同一性婚などには前向きだが、こういう問題に無関心なのは問題だな、国会で対応策を議論すべきだな、

 

この人の親、インタビューの時「息子は
いません。仕事だと思います」って回答
してたけど、こんなに前歴があったのに
我が子じゃないか?我が子かもって全然
思わなかったのかな?
あちこちで不審者情報も続いていた最中
起きた事件、そんな前歴があったんなら
気にならなかったのか。
自宅から数十メートルが遺棄現場でしょ。
こういう前歴はもっと注視しないと。
尊い命が理由なく奪われるのは許せない。

 

性的な嗜好って、早々変わるもんではないし、ましてや前回は書類送検されてても普通に生活出来たのなら、これはいけないって自覚もなかったのではないか。
特に、小児性愛は、相手の同意を100パーセント得られないから100パーセント犯罪なのに、それでもやめられないという泥沼だから、
一回でも事件を起こしたのなら確実なカウンセリングを受けたり、再犯しないようなプログラムを作成したり、キチンと本人が向き合わないと繰り返されるだけだと思う。懲罰を与えても変わらない。
私個人の意見だが、一回でも事件を起こしたのなら檻に入れておいて欲しいが…人権問題になるんだろうな。

 

小2女児殺害事件関連のツイートを見てて思ったんだが、ツイートに「被害者には哀悼の意を表しますが」って一言付け加えるだけでも、アニメ擁護派が「被害者よりアニメが大事か!」って蔑まれることが減ると思う。

 

計画性あるんだったら線路に置くかな?
電車に轢かれて証拠が消えるとでも思ったか?
小2の子供が自殺すると思わせたかったか?
あまりにも短絡的としか思えない。

連れ去り目的を実行するまでは綿密に計画してたのかもしれないが殺めてしまったのは偶発的?
さぞかし動揺したでしょうね。
慌てて指紋残して証拠隠滅?
支離滅裂です。

しかし連行される時の表情には反省の気配もなくむしろ満足感さえあるように見えた。
腹立たしいしかない。

 

2004年の奈良女子小学1年殺害事件を踏襲しているかのごとくの
類似点に戦くばかりです。
一般論で言えることは、この容疑者はいたずら目的で声をかけ、
無理やり車に乗せていたずらをしようとし、騒がれたので口をふさいで
絞殺、そして夜になって車に載せていた故人を線路に遺棄して「事故死」に見せかけた。
特に電車にひかせて事故死に見せかける所業は精神疾患や本当に偶発的に殺めた時にはまずできない行動です。
冷静に最後まで周到に計画されたことを実行した鬼畜以上の悪魔の所業ということができます。
「故人を2度も殺した。」
極刑に足る十分な論拠となります。最大の苦痛を与え、刑を執行していただきたいです。
故人に衷心よりのご冥福をお祈り申し上げます。

 

幼い女の子が被害を受ける事件が多い。
幼い子を性的対象に考えている大人が多いのか?
日本は児童ポルノに甘い国だといわれています。
幼い子供に性的興味を持つことは犯罪につながる。
何度もこの様な痛ましい事件が起きている。
早く対策を講じて欲しいと切に願います。

 

偶発的に女の子を車ではね、痛くて泣いている女の子の首を残忍にも絞めて殺したとして、それが減刑の理由になるの?死刑で良いですよね。遺体を線路に置いたのは、女の子が線路に迷い混んで列車に跳ねられたように見せかけるためで、彼女の通学路の近くでないと辻褄が合わないからそれなりに考えてそこに遺棄したのでしょう。女の子にいたずらしようとして騒がれて殺し、事故に見せかけて遺体を遺棄した。それが全てです。

 

犯人の内面以外にも、今回に関しては、周りが色々と甘やかしすぎでしょ。
会社で無断欠勤後に説得する事自体も、普通は『明日から来なくていいよ』ってクビを匂わせるレベルだし、23歳の成人した人の対応に母親って言うのもどうかと思うし……。
保護観察中じゃないんだから、単なる甘やかしだと言われてもしょうがない。

11月17日夜、犯人が被害者の携帯電話を使って「娘はもらった」と母親にメール。そのメールには被害者の画像も添付されていた。この携帯電話はGPS機能付のものだったが、犯人は使用後、携帯電話の電源を切っているか、その機能をオフに設定している。

司法解剖の結果、水死と判明。肺にたまっていた水は汚れていなかった。水道水を張った風呂場か洗面器に顔を押し付けて、水死させたと判断された。また、殺害時に被害者を裸にして殺害後に服を着せたと見られている。手足にはすり傷があり、この擦り傷は殺害後に意図的につけたものと判明した。歯も殺害後に数本抜かれていた。被害者の衣服には毛が付着していたが、鑑定の結果B型とAB型の血液型のものだった。

12月14日未明、犯人と思われる人物から両親や親族の携帯に、「次は妹を狙う」と被害者の女児が持っていた携帯電話からメールが送られた。このメールにも被害者の画像が添付(1枚は11月17日のものと同じ)されていた。

12月30日、奈良県警察本部は、毎日新聞販売店店員だった男K(犯行当時36歳)の自宅を家宅捜索し、女児の携帯電話とランドセル、ジャンパーなどを発見し、誘拐を認めたため逮捕した。その後2005年1月19日に殺人と死体遺棄容疑で再逮捕された。

逮捕のきっかけは、女児の携帯電話からKの携帯電話にメール発信がされていたことで、その通信記録からKが割り出された。Kは行きつけのスナックで被害者の画像を店員や客に見せていた。Kの自宅からは幼児ポルノのビデオ80~100本や雑誌それに盗んだものと見られる女児の下着や衣類が約80枚、およびダッチワイフが押収されており、小児性愛者であった。

女児がKの車に自分から乗るところを目撃されており、顔見知りによる犯行も取り沙汰されたが、実際には行きずりの犯行で、Kは女児とは面識がなく女の子なら誰でも良かったと供述している。

Kには過去に幼児への強制わいせつの前科があり、性犯罪者を登録、監視する米国のミーガン法(性犯罪者の情報をインターネットで公開している)などにならった前歴者への監視を強めることの必要が議論された。

事件を受けて毎日新聞は、Kが勤務していた北葛城郡河合町と以前勤務していた大阪市東住吉区の販売店との契約を2005年1月31日にて解除した。東住吉区の販売店が契約解除となった理由は、新聞購読料など23万円をKに持ち逃げされた件で警察に被害届を出した後に河合町の販売店で働いているのを把握したにもかかわらず、毎月3万円の返済をさせることを条件に警察には通報していなかったことが発覚したためである。

弁護士はアダルトアニメを高校生のときに見たことが性格を歪ませた原因だと逮捕直後に語ったが、強制わいせつを初めてしたのは14歳のときであり、時期的に合わない。また、一部でフィギュアおたくではないかとデマが流れたが、彼はフィギュアを全く保有していない(これについての詳細はフィギュア萌え族を参照のこと)。アダルト系同人誌も保有していなかった。