貴乃花親方夫人の花田景子さんが19日、福岡県田川市であった講演会で貴公俊の暴行問題に触れ、「20歳で十両にやっとなったが、心はまだまだ子供なんだなと思った」と話した。18日に貴公俊と付け人に電話をかけたといい、「(貴公俊は)とんでもないことをした。師匠に対して申し訳ないことをしたと電話の向こうで泣き崩れていた」と明かした。さらに関取の付け人が足りない部屋の現状について「関取も自分のことは自分でやれと師匠に言われていたが、今場所関取になった貴公俊はどうすればいいかわからず、重圧にも押しつぶされ手を上げてしまった」と述べた。

 

大相撲の十両貴公俊(たかよしとし、20)が付け人に暴行した問題で、師匠の貴乃花親方(元横綱)が19日朝、京都府宇治市の貴乃花部屋宿舎で取材に応じた。「暴力をしたのは事実。本人に確認しました。申し訳ないことです。どんな理由であれ、暴力はあるまじき行為。反省以上のものをしないといけない」と謝罪した。

  • 貴乃花部屋の貴公俊が付け人を殴打 顔腫れ、血だらだら

貴公俊は春場所9日目の19日から休場させるという。唇などにけがを負った付け人は出場する。貴乃花親方は19日に日本相撲協会に対して暴行問題の経緯を説明するという。

問題が起きたのは春場所8日目の18日。目撃した関係者によると、貴公俊が取組を終えた後、支度部屋に戻ったところで付け人の顔を数回殴ったという。理由は、付け人が貴公俊に取組のために入場するよう伝えるタイミングが遅れたためとみられる。

貴公俊は栃木県出身。十両貴源治(たかげんじ、20)の双子の兄で、元横綱日馬富士の傷害事件の被害者で3場所ぶりに出場している十両貴ノ岩(28)の弟弟子。

 

ツイッター 名もないツイート

 

貴乃花の弟子暴行事件。言える事は弟子が馬鹿。今こんな事したらどれだけ親方に迷惑がかかるか想像力がない。親方の監督責任、指導法にも問題はある。それは協会が注意、処分すればよい。毎度言うが貴乃花の全てが正義とは言ってはいない。でもこれで協会が正義で貴乃花が悪にするのは違う。問題は別。

 

ツイッター 名もなきツイート

 

残念なことに貴公俊が平手に2.3発殴ったのを春日野が嬉々としてマスコミに流していましたね。 悪いよ。貴公俊は確かに悪い。でももっと悪いのは沢山隠してあるんじゃないですかね。いくら貴乃花が憎いからと言ってその日にニュースにする速さ。隠蔽していた峰崎部屋とはえらい違いだよね。

 

ツイッター 名もなきツイート

部屋内で起きたことだけに、貴乃花親方の責任は免れえないし、今朝のインタビューを見ても、親方自身承知している。だが、発生からの親方の対応は素晴らしいし、不祥事発生時の模範。 きちんと情報開示・対応しなかった過去の事件とは段違い。 だからこそ、貴乃花親方に未来を感じる。

 

ツイッター 名もなきツイート

「弟子が暴行するなんて貴乃花けしからん!解雇だ解雇!」 という人も見かけたが、その理論で行くと、春日野親方も伊勢ヶ濱親方も解雇されなければいけなくなる。春日野親方が理事を続けていることについて、その人はどう思われるのか。